ここから本文です

ジュリアン・ムーア「ハンズ・オブ・ラヴ」、恋人役エレン・ペイジと微笑むポスター

映画ナタリー 7月15日(金)11時0分配信

ジュリアン・ムーア主演作「Freeheld」の邦題が「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」に正式決定。ポスタービジュアルも到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、第80回アカデミー賞で短編ドキュメンタリー賞に選ばれた同名作品をもとに、「キミに逢えたら!」のピーター・ソレットがメガホンを取ったヒューマンドラマ。愛する同性のパートナーに遺族年金を遺すため、余命半年の宣告を受けた主人公・ローレルが制度改正を求めて闘うさまを描く。

今回到着したポスターには、ムーア演じるローレルと、エレン・ペイジ扮する恋人ステイシーが寄り添うカットが使用された。またローレルの同僚刑事デイン役のマイケル・シャノン、活動家スティーブン役のスティーヴ・カレルの姿も収められている。

このたびムーアのコメントも到着。今回の役を演じるにあたり、「とても素敵な物語で、どうしても私がやらなければと感じたの。愛は、どんな人間にとっても人生の大切なパートをなすものだと思う。誰にとっても、どんな時代でも、その権利を阻むなんて馬鹿げているわ」と語っている。

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」は11月26日より、東京・新宿ピカデリーほかにて全国順次ロードショー。

ジュリアン・ムーア コメント
とても素敵な物語で、どうしても私がやらなければと感じたの。愛は、どんな人間にとっても人生の大切なパートをなすものだと思う。誰にとっても、どんな時代でも、その権利を阻むなんて馬鹿げているわ。人と人を惹き付けるもの、そしてずっと一緒にいさせるものはいつも不思議な何かなの。誰かと出会って、そんなふうに本当の意味で恋に落ちるっていうのはとても珍しいことだと思うわ。それこそみんなが素晴らしいと思って大切にしてほしい。



(c)2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved. 

最終更新:7月15日(金)11時0分

映画ナタリー