ここから本文です

【函館記念】レッドレイヴン中1週でも勢い十分!池添も手応え

デイリースポーツ 7月15日(金)7時1分配信

 「函館記念・G3」(17日、函館)

 重賞初Vを決めるか。巴賞覇者レッドレイヴンが14日、函館Wで快活な動きを披露。中1週ながら好調キープをアピールした。ネオリアリズムは初来日のティータンを背に、函館芝で余力十分に追走先着。5カ月ぶりでも力を存分に発揮できそうだ。

 勢い十分だ。レッドレイヴンは函館Wで、僚馬レッドシャンクス(7歳1600万下)の2馬身後方からスタートした。相手が特に追うこともなかったため、直線は大外を独走。馬体をじっくり併せる間もなく、4馬身、5馬身と差をつけてぶっちぎりのフィニッシュを決めた。

 タイムは5F71秒0-41秒4-12秒4。またがった池添は「中1週なので、そこまで強い調教はいらない。体質が強くない馬らしいが、走りは前回(巴賞)と変わりなく順調です」と話す。その巴賞は大阪杯以来3カ月ぶりの実戦。だが、単勝2・9倍の1番人気の支持に応えて力強く抜け出した。「力のある馬だと思う」と改めて手ごたえをつかんだ様子だ。

 今回は別路線組も加わるが、それより鍵を握るのはスタートだろう。藤沢和師は「イライラして、ゲートでおっちょこちょいな馬。前走はパドックや装鞍所で落ち着いていたが…」と半信半疑。小回りコースだけに、後手に回ってはつらい。昨年も巴賞で2着に好走しながら、函館記念は差し届かず5着に敗れている。「速い上がりでは厳しい。洋芝の上がりがちょうど合う」。昨年の分も、と気合が入っている。

 昭和63年、「青函トンネル開通記念」というサブタイトルのついた巴賞を快勝したのはボールドノースマン。勝ち時計1分46秒0は今でも函館芝1800メートルのレコードだ。「北海道新幹線開通記念」の巴賞を勝ったレッドレイヴンも、競馬史に名を刻みたい。

最終更新:7月15日(金)8時1分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]