ここから本文です

「白バイ野郎ジョン&パンチ」パンチことE・エストラーダが本物の警官に

映画.com 7月15日(金)21時30分配信

 [映画.com ニュース] 1977年から83年まで6シーズンにわたって放送された、米NBCの大ヒットシリーズ「白バイ野郎ジョン&パンチ」(原題:CHiPs)で、バイク警官のパンチを演じた米俳優エリック・エストラーダが、米アイダホ州セント・アンソニー警察の予備警察官に就任したことがわかった。

 「白バイ野郎ジョン&パンチ」は、米カリフォルニア州ハイウェイパトロールのバイク警官2人組を主人公にした、陽気でコミカルな警察ドラマで、ヒスパニックのパンチのパートナーである白人のジョンをラリー・ウィルコックスが演じた。

 67歳のエストラーダは7月上旬、自身のTwitterアカウントで予備警察官就任を発表。制服を着用し、バイクと一緒の写真をアップしてファンを喜ばせた。

 なお現在、「白バイ野郎ジョン&パンチ」の米ワーナー・ブラザースによる映画化企画が進行中だ。ジョン役にダックス・シェパード、パンチ役にマイケル・ペーニャが起用されており、シェパードは監督と共同脚本も兼ねる。ほか、ビンセント・ドノフリオ、アダム・ブロディ、クリステン・ベルらが共演し、2017年8月11日の全米公開が予定されている。

最終更新:7月15日(金)21時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。