ここから本文です

阪大が犬型ロボット「PneuHound」を開発 チョコマカ走る様子がはしゃぐ子犬みたい

ねとらぼ 7月15日(金)9時10分配信

 大阪大学の細田研究室が、犬型ロボット「PneuHound」を開発しました。軽快に走る様子を、YouTubeで公開しています。

【空気圧による人工筋肉を搭載】

 胴体に空気圧で動く人工筋肉を採用。最高時速9.5キロで走り、その素早い動きは、本当に主人を迎えて喜ぶ子犬のようにも見えてきます。

 開発チームを率いる細田耕教授はTwitterで動画を紹介し、他のロボット研究者と直進性について議論を交わしています。また、「座敷犬そっくり」というリプライが寄せられると、本物の犬とPneuHoundのツーショット写真を公開。なんだかどっちもかわいい!

最終更新:7月15日(金)9時10分

ねとらぼ