ここから本文です

ヒロミ、父の顔 高校球児の次男へ「ここまでこれただけでも…」

デイリースポーツ 7月15日(金)10時4分配信

 タレントのヒロミが15日、TBS系「白熱ライブ ビビット」内で、14日の試合で敗れ、最後の夏を終えた高校球児の次男に「ここまでこれただけでも」と、頑張りをねぎらった。

 ヒロミの次男・小園隼輝(としき、3年)君は、14日に夏の甲子園へ向けた高校野球・西東京大会の3回戦で、専大付と対戦。成城学園の5番・捕手でスタメン出場したが、3打数無安打(敵失で1出塁)。1-1で迎えた四回に相手選手に3ランを打たれたことが響き、七回途中に7点差をつけられての1-8のコールド負けを喫し、最後の夏を終えていた。

 ヒロミは「応援?仕事で行けなかったんですよね。ママ(妻でタレントの松本伊代)はいきましたけど」と淡々とコメントしたが、真矢ミキから「(次男へ)何かメッセージを」と振られると、「小学校からずっと12年ぐらいやってますから。ママにちゃんとお礼いったか?と聞いたら、言いましたと(言っていた)」と、まずは野球を支えてくれた母親への感謝を伝え、「ここまでこれただけでも…。ここまでっていっても1回戦勝っただけですけどね」と照れながら、息子の奮闘を讃えていた。

最終更新:7月15日(金)10時15分

デイリースポーツ