ここから本文です

尾瀬、夏色 ニッコウキスゲ来週初めまで見頃

福島民報 7月15日(金)9時53分配信

 夏の尾瀬を象徴するニッコウキスゲが福島県檜枝岐村の尾瀬国立公園・大江湿原(標高約1600メートル)で見頃を迎えている。来週初めまで楽しめそうだ。
 近くにある村営の山小屋「尾瀬沼ヒュッテ」によると、今年は開花が例年より一週間以上早かった。この時期の尾瀬は雨が降ると湿原一帯が白い霧に包まれることが多い。訪れたハイカーらは幻想的な趣の湿原を黄色に染めるニッコウキスゲに歓声を上げている。

福島民報社

最終更新:7月15日(金)11時1分

福島民報