ここから本文です

インドのLCCゴーエア、A320neoを72機発注…エアバス保有機材を倍増

レスポンス 7月15日(金)13時30分配信

エアバスは、インドのLCC(格安航空会社)のゴーエアが、事業を拡大するため、『A320neo』を72機発注したとファーンボロ国際航空ショーで発表した。

[ゴーエアのA320neo機]

ゴーエアは、ワディア・グループのLCCで、2011年にA320neoを72機発注した。今回の発注で合計発注数を累計144機と倍増させる。

今年6月に同社の最初のA320neoが2機納入された。ゴーエアはA320neoを導入することでネットワークを拡大し、接続の利便性を向上させながら事業を拡大している。

ゴーエアは、エアバスの機内設備の配置を変えて乗客により快適な居住空間を提供する客室「SpaceFlex」を備えたA320neoを運航する初めての航空会社となる。186席を装備し、乗客の足元スペースにゆとりを持たせ、高品質なサービスを提供する。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの座席を装備する。

A320neoファミリーは新型の低燃費エンジンや大型のウイングチップであるシャークレットを装備し、燃費を15%削減する。2020年までには客室やエンジン技術の改良によって20%の燃費削減を見込んでいる。

A320neoは、2010年にローンチして以来、83社から4500機以上を受注しており、市場シェア6割を獲得している。これまでに9機のA320neoを航空会社3社に納入した。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月15日(金)13時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]