ここから本文です

仏ニースでトラックが花火の見物客に突っ込み70人以上が死亡 テロの可能性も

ねとらぼ 7月15日(金)9時5分配信

 フランス南部のニースで14日夜(現地時間)、フランス革命を記念して打ち上げられた花火の見物客にトラックが突っ込み、70人以上が死亡し、100人以上のけが人が出ている。さらに死傷者は増えるのではないかと地元メディアが伝えている。トラックの運転手はその後、警察との間で銃撃戦となり死亡した。

 トラックが突っ込んだのはニース中心部にある地中海沿いの街道「プロムナード・デ・ザングレ」。現在ニース市は自宅待機が呼び掛けられており、市長も自身のTwitterアカウントで情報を提供している。捜査当局はテロの可能性があるとみて調べているという。

 フランスのオランド大統領は14日、2015年11月にパリ中心部のレストランやコンサートホールなどで起きた連続テロ事件直後から続いていた非常事態宣言を、26日の期限をもって解除する方針だと明らかにしたばかりだった。

最終更新:7月15日(金)9時5分

ねとらぼ