ここから本文です

「おぎやはぎ」が“ポルシェおねだり騒動”斎藤を「活躍してないから叩かれちゃう」

東スポWeb 7月15日(金)16時25分配信

 おぎやはぎの矢作兼(44)が15日未明、TBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」に出演。出版社社長から高級車ポルシェを提供されたと「週刊文春」に報じられた日本ハムの斎藤佑樹投手(28)に「ダメなんだよ、人に買ってもらっちゃ」と苦言を呈した。

 さわやかでクリーンなイメージの斎藤だっただけに、矢作の裏切られた気持ちは大きかったようだ。入団時にもらった莫大な契約金で「(ポルシェ)カイエンくらい買えるだろうって。なんか、社長さんに買ってもらったんだってよ」と矢作が吐き捨てる。

「自分で頑張って買わなきゃいけないのにな?」と相方に同意を求めると小木博明(44)が「それはそうだよ。特に、活躍してないからね。これは叩かれちゃうんでしょ」と追随。

 ちなみに、お笑い芸人の伊集院光は日本ハムのファンとして有名で、二軍の千葉・鎌ケ谷グラウンドにまで見に行くことがある。

 矢作は「こういう話が出ちゃうと、本当に応援したい人、それこそ伊集院さんがすごい日ハムファンじゃん。ハンカチ王子が(以前に)叩かれてる時も、伊集院さんがインタビューして、『悪いヤツじゃない』って。だから、そういう人からすると本当にいやだろうね」と続けた。

 最後まで真剣な調子で矢作が「栄光と挫折があるから…あの時はすごかったけど、今は挫折してる。そこから這い上がってくるのが、またドラマでカッコイイからね。そういう努力して頑張ればいいんだけどさ、ダメだよ」とピシャリ。一軍に定着して活躍するように辛口エールを送った。

最終更新:7月15日(金)16時53分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。