ここから本文です

学校再開「支援に最大努力」 馳文科相が避難先視察

福島民報 7月15日(金)11時10分配信

 馳浩文部科学相は14日、東京電力福島第一原発事故により避難を続けている福島県双葉郡の小中学校、高校などを視察した。記者団に、元の場所での学校再開について「施設整備や教職員の配置などの支援に最大の努力をしていかなければならない」と述べた。
 馳文科相はいわき市のいわき明星大で報道各社の質問に応じ、元の場所で学校を再開するかどうかは地元自治体が決めるべきと強調した。その上で「一つ一つの状況を丁寧に聞き、要望に応えていく」と述べた。
 馳文科相は飯舘村から川俣町に移転している草野・飯樋・臼石合同仮設小、浪江町から二本松市に避難している浪江中、三春町の富岡小中学校三春校などを見て回った。いわき市の楢葉小中仮設校舎では生徒の陸上練習や体育館などを視察した。豊田真由子文部科学政務官が同行した。

福島民報社

最終更新:7月15日(金)11時18分

福島民報