ここから本文です

<中山美穂>2年ぶりドラマ主演 竜星涼を“調教”する復讐の女に

まんたんウェブ 7月16日(土)8時0分配信

 女優の中山美穂さんが、WOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 賢者の愛」で約2年ぶりにドラマ主演することが16日、分かった。中山さんが演じる役柄は、美しさと賢さを併せ持つ大人の女性で、若手俳優の竜星涼さん演じる25歳年下の青年を調教し、復讐の道具として仕立て上げていく……という役どころだ。

【写真特集】中山美穂が“調教”する若手俳優は……

 ドラマは、山田詠美さん原作「賢者の愛」(中央公論新社)を実写化し、主人公の女性が初恋の人と親友の間に生まれた息子を、20年の歳月をかけて“自分好みの男”に調教していくという内容。敏腕編集者の高中真由子(中山さん)は、親友・朝倉百合(高岡早紀さん)と真由子の初恋の人・澤村諒一(田辺誠一さん)の息子・直巳(竜星さん)とひそかに逢瀬を重ねていた。彼が生まれたとき「ナオミ」と名付けたのはほかでもない真由子で、その名に隠された彼女のたくらみは誰も知る由もなかった。20年にも及ぶ真由子の復讐とは……というストーリー。

 中山さんは真由子について「品性、知性、感性を持った女性。憎しみという感情が生まれることにすら罪悪感を持ってしまう。その憎しみの感情とそれでも芽生える愛情に翻弄(ほんろう)されていくのですが、父親に対する尊敬と愛情をベースに自分の気持ちに揺るぎなく生きている女性だと思います」と話す。

  また、「この物語は、濃密な愛憎劇であると同時に、だからこそ生まれる、人としてのさまざまなテーマを投げかけてくれます。ぜひこのドラマをご覧いただいて、ご自分から生まれるいろいろな感情を感じていただけたらうれしいです」とメッセージを寄せている。ドラマは全4話で、8月20日午後10時からWOWOWプライムで放送。

最終更新:7月21日(木)14時52分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。