ここから本文です

【フレッシュ球宴】巨人・岡本ゴジラ級MVP!斎藤二軍監督「そういう星の下に生まれた」

東スポWeb 7月15日(金)16時31分配信

 フレッシュオールスターゲームが14日、倉敷マスカットスタジアムで行われ、イースタン・リーグ選抜がウエスタン・リーグ選抜に6―1で快勝し、通算成績を20勝27敗5分けとした。イチロー(現マーリンズ)ら数多くの名選手を生んできた「若手の登竜門」でMVPに輝いたのは巨人・岡本和真内野手(20)だ。

 一発を含む2安打3打点。5回に放った3ランは長距離砲らしい滞空時間の長い飛球でアーチをかけ「少し先っぽだったけど、いい感じに飛んでくれた」。3安打1打点の楽天・オコエを抑えて賞金100万円を手にし「(MVPは)オコエ君だと思っていた。やるからにはと思ってたけど、本当に取れたのでびっくり」とにっこりだ。

 岡本以上に喜んだのはイースタン選抜を率いた巨人・斎藤雅樹二軍監督(51)。フレッシュオールスターゲームで巨人の選手がMVPを受賞するのは、1963年第1回の河東真内野手以来、実に53年ぶりで「うれしいですね。岡本が、そういう星の下に生まれた、ということでしょう」と笑顔が絶えなかった。

 将来を嘱望されながら今季はここまで一軍で3試合の出場にとどまっている岡本だけに、MVP受賞を飛躍のきっかけにしたいところ。斎藤二軍監督は「失敗も多いけど、どんどん失敗すればいい。松井(秀喜)らと比べても、ここまでは順調に成長していると思う。後半戦は一軍に上がって活躍してほしい」と期待した。

最終更新:7月15日(金)17時18分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報