ここから本文です

<AKIRA&岩田剛典>「HiGH&LOW」バトルシーンは“ガチ” 「痛み止め飲みながら」「自然と涙」…秘話明かす

まんたんウェブ 7月16日(土)8時0分配信

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」「劇団EXILE」のメンバーらが出演する映画「HiGH&LOW THE MOVIE」(久保茂昭監督)が16日、公開された。ドラマや映画、マンガ、ライブなどが連動したHiGH&LOWプロジェクトの劇場版となる本作。テレビシリーズから「山王連合会」のコブラを演じてきた岩田剛典さんと、コブラたちの前に立ちふさがる“最強の男”琥珀役で映画に出演しているAKIRAさんに、クライマックスにおけるバトル&アクションシーンを中心に、互いの俳優としての印象など聞いた。

【写真特集】手に汗にぎる…プライドをかけた戦いが始まる

 「HiGH&LOW」は、「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」の五つのチームが拮抗(きっこう)するSWORD地区を舞台に、男たちのプライドを懸けた壮絶な戦いや仲間との友情、絆などを描いた群像劇。映画では、SWORD地区にチーム「ムゲン」の総長・琥珀(AKIRAさん)が戻ってきたところから始まる。SWORD地区の支配をもくろむ李(BIGBANGのV.Iさん)と手を組んだ琥珀に対抗すべく、「ムゲン」の元メンバーでもあるコブラ(岩田さん)とヤマト(鈴木伸之さん)が立ち上がり、SWORDの各チームも2人に呼応。琥珀と並び“最強”と称された雅貴(TAKAHIROさん)や広斗(登坂広臣さん)ら雨宮兄弟も参戦し、SWORD地区は未曾有の事態へと突入する……というストーリーが展開する。

 ◇クライマックスシーンは「奇跡に近いくらいの確率で撮れた」

 総勢1000人が参加した壮大なバトル。そのクライマックスとなるのが“最強の男”琥珀と、琥珀のことをかつて慕い、敬っていたコブラとヤマト、そして九十九(青柳翔さん)を交えての1対3の直接対決だ。長回しの緊迫したシーンの連続で、あまりの痛々しさに思わず目を覆いたくなる瞬間も多々あり、間違いなく映画の最大の見どころと言える。誤って実際にパンチやキックが入ってしまうことは茶飯事で、AKIRAさんは「痛かったです」と苦笑しながらも、「二度とやれない、奇跡に近いくらいの確率で撮れた。これぞ映画だと改めて感じ、初心に戻れた」と満足そうな表情を浮かべる。

1/2ページ

最終更新:7月17日(日)2時9分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。