ここから本文です

「弱虫ペダル」×千葉ロッテ!キャストの場内アナウンスに渡辺航の始球式も

コミックナタリー 7月15日(金)12時1分配信

渡辺航原作のアニメ「弱虫ペダル」と、千葉ロッテマリーンズのコラボレートが決定した。8月30日から9月1日まで千葉・QVCマリンフィールドで行われるオリックス・バファローズとの3連戦で、キャンペーンが実施される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは主人公の小野田坂道らが所属する総北高校が、千葉県にあるという設定をきっかけに実現したもの。「アニメ『弱虫ペダル』×千葉ロッテマリーンズコラボイベント ~千葉に熱気が走る3日間~」ではマリーンズを応援する坂道ら総北メンバー6人の描き下ろしコラボイラストを制作し、企画チケットの販売やコラボグッズの販売などが実施される。

企画チケットは「弱虫ペダル」とのコラボデザインになるほか、ロッテ「ビックリマン」とのトリプルコラボシールが付属。絵柄は3日間すべて異なり、8月30日は小野田坂道、31日は巻島裕介とスーパーゼウス、9月1日は坂道と巻島が描かれたシールがプレゼントされる。チケットの席種や価格などは、イープラスの特設ページにて確認してほしい。

また最終日となる9月1日には渡辺航が試合前にトークショーを行い、始球式にも登場。さらに小野田坂道役の山下大輝、巻島裕介役の森久保祥太郎による場内アナウンスも実施される。

そのほかコラボイラストを使用したオリジナルグッズを、球場オフィシャルショップ・マリーンズストアなどで販売予定。商品内容などは後日発表される。

?渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルSB製作委員会

最終更新:7月15日(金)12時1分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。