ここから本文です

LINE上場 初値は4900円 公開価格を48%上回る

ITmedia ビジネスオンライン 7月15日(金)10時54分配信

 LINEが7月15日、東証1部に新規上場し、取引開始から約1時間半後の午前10時36分に取引が成立、公開価格(3300円)を48%上回る4900円の初値を付けた。

 一足先にニューヨーク証券取引所に上場し、米国預託証券(ADR)の終値は41.58ドル(約4380円)。東証での初値はこれを上回った。

 同社は「LINEが多くのユーザーのインフラとなった現在、上場を通じて企業の透明性と社会的責任を高め、更なる事業展開の加速を図っていく」というコメントを発表した。

 同日、同社が公開した2016年12月期の第1四半期(1~3月)の連結決算は、売上収益が334億円、営業利益が53億円、最終損益が2億3400万円の赤字だった。通期の見通しは開示せず、7月27日に公表する第2四半期(4~6月)決算短信で第3四半期(7~9月)についての定性的な見通しを公表するとしている。

最終更新:7月15日(金)10時54分

ITmedia ビジネスオンライン