ここから本文です

ベッキー 再開後2度目のインスタも顔写真はなし…応援コメント相次ぐ

デイリースポーツ 7月15日(金)14時43分配信

 タレントのベッキーが15日、今月五日のインスタグラム再開後、2度目の投稿をした。写真投稿サイトではあるが、この日もプライベートを感じさせるものではなく、以前のSNSの状態には戻っておらず、ファンらからは「早く帰ってきて」「待ってるよ」などのメッセージが多数寄せられている。

 この日のコメントは「ピン(ク)ヒール」という短いもの。ダメージジーンズとピンクのハイヒールが映ったもので、「ピンク」と「ピンヒール」をかけた言葉。女性タレントに多いファッションの投稿だったが、5日のインスタに続き、ベッキーの顔は写っていなかった。

 コメント欄には「べっきー早く帰ってきて みんな待ってるよ!」「ベッキーファイト」「綺麗なピンク いっぱい悩んで落ちた後は、上がるのみ可愛いヒールでどんどん進もう応援してますよ」「ベッキーおかえり」「はやく帰ってきて!」という応援メッセージが多数殺到。

 一方、中には「一般人なら早く立ち直ってって応援するけど知名度高い芸能人が今回の失態で早く復帰してって子供の目もあるしとてもじゃないけど言えないって言うのが私の率直な感想です」という復帰反対意見もあった。

 ベッキーのインスタはツイッターと連動している。5日のインスタはテレビ復帰となったBSスカパー!のFULL CHORUSのロゴ写真が投稿され、「BSスカパー!の『FULL CHORUS』が今夜放送されました。みてくださったみなさま、ありがとうございました。来週もおたのしみに。お仕事リスタートです。インスタも再開します。これからもよろしくお願いいたします」というものだった。

 6月末から7月にかけてテレビ各局で定例会見が開かれているが、6月30日のテレビ東京も7月6日のTBSも、復帰については「決まっていない」と説明。レギュラー番組を含む本格復帰は不透明だ。

最終更新:7月15日(金)16時17分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。