ここから本文です

ゴジラをモチーフにしたエヴァ初号機の可動プラモデルが11月に発売

ファミ通.com 7月15日(金)18時11分配信

●燃えるゴジラのイメージを再現
 壽屋は、『ゴジラvsデストロイア』のゴジラをモチーフにしたエヴァンゲリオン初号機のプラモデル“エヴァンゲリオン初号機 ゴジラカラー Ver.”を、2016年11月に発売する。

 以下、リリースより。

----------

 ホビーメーカー株式会社壽屋(本社:東京都立川市緑町/代表:清水一行)は『ゴジラvsデストロイア』のゴジラをモチーフにしたエヴァンゲリオン初号機のプラモデル「エヴァンゲリオン初号機 ゴジラカラー Ver.」を2016年11月に発売します。
 「ゴジラvsデストロイア」に登場する、燃えるゴジラを成型色でイメージ再現をしています。頭部は3種、胸部2種、左腕部2種付属します。開口ギミックや、膝関節の連動可動、腿前面と膝頭が連動して可動します。上を向く際に喉部が連動して可動します。豊富な手首パーツが付属されていますので、様々なポージングをお楽しみいただけます。

【商品概要】
・商品名:エヴァンゲリオン初号機 ゴジラカラー Ver.
・商品サイズ:NONスケール、約190mm
・販売価格:6,200円(税抜) 
・発売日:2016年11月

最終更新:7月15日(金)18時11分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。