ここから本文です

アストンマーティンの最新作、DB11…CEO自ら最終品質確認へ

レスポンス 7月15日(金)19時44分配信

英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンの最新作、『DB11』。同社のトップが自ら、DB11の出荷開始に際して、品質の最終確認を行うことが分かった。

画像:アストンマーティン DB11

これは7月13日、アストンマーティンのアンディ・パーマーCEOが、自身のTwitterで明らかにしたもの。「DB11の最初の1000台の最終品質確認を、私自身が行う」と発表している。

アストンマーティンは2016年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー16において、DB11を発表。DB11は、アストンマーティン伝統の「DB」シリーズで、『DB9』の後継モデルの位置づけ。

パワートレインは、自社製の新開発5.2リットルV型12気筒ガソリンツインターボ。DB9の自然吸気6.0リットルV12に対して、排気量を0.8リットル縮小。2個のターボでパワーを獲得しつつ、環境性能に配慮したダウンサイズユニット。

5.2リットルV12ツインターボは、最大出力608ps、最大トルク71.4kgmを発生。歴代DBシリーズの量産車では、最強のパワーを獲得した。トランスミッションはZF製の8速AT。0-100km/h加速3.9秒、最高速322km/hの優れた動力性能を実現する。

なお、アストンマーティンのアンディ・パーマーCEOは、Twitterにおいて、「品質確認は毎日18時から、1日約12台ずつ行う。品質確認済みの車両には、エンジンルームに私のサイン入りプレートを装着する」と宣言している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月15日(金)19時44分

レスポンス