ここから本文です

ロンドン五輪4位のトランポリン伊藤正樹、リオに暗雲…試技会中にアクシデント

デイリースポーツ 7月15日(金)15時59分配信

 リオデジャネイロ五輪に出場するトランポリンの日本代表が15日、都内で試技会を公開したが、12年ロンドン五輪4位でメダルの期待が懸かる伊藤正樹(27)=東栄住宅=を、まさかのアクシデントが襲った。本番が約1カ月後に迫る中、影響が懸念される。

 第2演技の中盤に技を失敗すると、そのまま腰を押さえて倒れ込んだ。悔しそうに拳をトランポリンに叩きつけたが、その後は自力で起き上がれず、スタッフや他の選手にマットの上に乗せられ、ようやくトランポリンの外へ。会場内で応急処置を受けた後、車いすで医務室に向かった。

 日本トランポリン史上初のメダルの期待が懸かるエースを襲った悲劇。かつての第一人者でコーチを務める中田大輔コーチは「正直、そんなに簡単に練習を再開できる状態と思わない。軽いことを祈るが…。なんと言っていいのか。ショックです」と、唇をかんだ。

最終更新:7月15日(金)17時7分

デイリースポーツ