ここから本文です

【川崎競輪】豪雨で駐車場冠水…前検日の競輪選手「足止め」

東スポWeb 7月15日(金)18時21分配信

 川崎競輪「第12回サマーナイトフェスティバル」の前検が行われた15日、東日本では大気が不安定になり、関東中心に各地で記録的豪雨に見舞われた。

 16日からのレースに備え、選手たちは川崎競輪場に集合したが、豪雨と雷が激しく襲い、競輪場の駐車場が冠水。車で到着した選手が駐車場に入れず、足止めされる事態になった。

 雨が弱まったことで無事、参加選手102人(男子81人、ガールズ21人)が集合。16~18日の開催は予定通り行われる。

「サマーナイトフェスティバル」はナイター開催で行われる競輪のビッグレースで“真夏の祭典”と呼ばれている。

 この日、横浜地方気象台は「局地的な激しい雨で土砂崩れなどが起きる恐れが高まった」として横浜市北部・南部と川崎市に土砂災害警戒情報を発令。横浜市は対象区域に避難勧告を発令した。

 JR東日本横浜支社によると、午後0時25分ごろ、京浜東北・根岸線の鶴見―磯子間で、線路内に水がたまったり、信号機に不具合が発生するなどしたため、全線で一時運転を見合わせた。

最終更新:7月15日(金)18時21分

東スポWeb