ここから本文です

元「KARA」ハン・スンヨン、新曲発表へ…作詞・作曲に参加

WoW!Korea 7月15日(金)16時33分配信

ハン・スンヨンが「KARA」時代から作業していたプロデュースチーム「Sweetune」と制作したデジタルシングルを発表する。

スンヨン(元KARA)のプロフィールと写真

 ハン・スンヨン(元KARA)は来る24日0時「その子は私」の音源を発表し、25日には音盤を発売する。

 彼女が作詞に参加した「その子は私」は何でもなかった普通の子供が特別な誰かに出会い、特別な感情を感じて、切なるものがほしくなったという話を込めた。フォークをベースにリズム的な要素を配置したミディアムテンポ曲だ。

 音盤はカード型音楽アルバムであるキノアルバムでリリースされる。スマートフォンで利用でき、音楽鑑賞はもちろんミュージックビデオ(MV)や画報イメージを同時に鑑賞できる。

 一方、ハン・スンヨンはJTBCドラマ「青春時代」(原題)にチョン・イェウン役でキャスティングされ、ドラマ復帰を控えている。

最終更新:7月15日(金)16時33分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。