ここから本文です

ウインクで写真が撮れる眼鏡装着カメラ「BLINCAM」販売へ

ITmedia ニュース 7月15日(金)13時31分配信

 ウインクをすると「パシャ」とシャッターがおり、目の前の光景を撮影できるウェアラブルカメラ「BLINCAM」(ブリンカム)を、スタートアップ「Blincam」(東京都府中市)がクラウドファンディングサイト「Makuake」で先行販売している。1万8000円(税込)から。

【専用アプリの画面】左フリックで保存、右フリックで破棄――というように写真を選別できる

 眼鏡のフレームに取り付ける着脱式のカメラ。強くまばたきすると「パシャ」と音が鳴り、視界をHD画質(500万画素)のカメラで撮影できる。スマートフォンやデジタルカメラを起動したり構えたりする必要なく、ハンズフリーで「今だ!」という瞬間を写真に残せるという。

 撮影した写真は本体内部のストレージ(16Gバイトを予定)に保存。Bluetooth接続したスマホ(iOS/Android)の専用アプリで写真をブラウズし、簡単な操作で同社のWebサイトやFacebookなどのSNSで共有可能という。USBケーブルでPCとつなぎ、まとめて保存もできる。

 本体サイズは約85(奥行き)×約17(高さ)×約10(幅)ミリ、重さは25グラム。スイッチを入れた状態のバッテリー待機時間は約8時間、快適に撮影できる時間は約4時間としている。

 先行販売のコースは1万8000円(税込)からで、出荷は2016年12月の見込み。製品版の定価は1万9800円(税別)を予定する。

最終更新:7月15日(金)13時31分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]