ここから本文です

「サンレコ」にディーン・フジオカ

音楽ナタリー 7月15日(金)16時3分配信

7月25日発売の「サウンド&レコーディング・マガジン」9月号にディーン・フジオカが登場。音楽的な話題を切り口としたインタビューに答えている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2000年代中頃から香港、台湾を中心に俳優として活躍し、その後音楽制作のためにインドネシアのジャカルタに渡ったディーン・フジオカ。ジャカルタでは現地のプロデューサーDJ SUMOと共に楽曲を多数制作してきた。サンレコ初登場となる彼はインタビューで、自身の音楽的ルーツと3月にリリースしたアルバム「Cycle」の制作過程、音楽への思いなどを語る。

なお今号の表紙および巻頭を飾るのは、8月3日に6年ぶりのソロアルバム「LUNATIQUE」を発売する石野卓球。巻頭特集では牛尾憲輔(agraph、LAMA)、SHINCO(スチャダラパー)、SUGIURUMN、櫻木大悟(D.A.N.)の4人がクリエイター目線で卓球のサウンドを語るコーナーなども用意されている。

さらに同誌にはスティーヴ・ジャンセン、坂本慎太郎、the HIATUS、七尾旅人、フィッシュマンズのインタビュー記事やSEKAI NO OWARIとback numberのライブシステムレポートも。また中脇雅裕による「音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング」のコーナーではメディアアーティストの真鍋大度(Rhizomatiks)が登場し、「NHK紅白歌合戦」でのPerfumeのステージにまつわる話や、自身が考える10年後の未来、そして彼が目指すゴール設定などについてが語られる。アーティストが自身の音楽活動に欠かせない機材を紹介する「私の手放せない一品」ではマリアンヌ東雲(キノコホテル)がNord Electroの魅力を紹介する。

最終更新:7月16日(土)16時48分

音楽ナタリー