ここから本文です

松山聖陵のプロ注目196センチ右腕・アドゥワ、1回を3連続K

デイリースポーツ 7月15日(金)18時51分配信

 「高校野球愛媛大会・1回戦、松山聖陵18-0三間」(15日、宇和島市丸山公園球場)

 松山聖陵のプロ注目196センチ右腕・アドゥワ誠投手(3年)が、三間戦の五回に3番手で登板。長身から伸びのある球を投げ下ろし、3者連続空振り三振で五回コールドの大勝を締めくくった。

 ナイジェリア人の父を持つ最速145キロの逸材。バックネット裏に巨人、日本ハムのスカウトが視察に訪れた中、球速こそ137キロ止まりだったが「力まずに投げて、いい球が行っていた」と相手打者を寄せ付けなかった。

 2回戦の相手は第1シードの川之江。春の県大会決勝で対戦し、松山聖陵は2-8で敗れている。ただ、その試合はアドゥワは登板していない。チーム悲願の甲子園出場に向け、大きなヤマ場。好スタートを切った長身右腕は「自分たちの野球をすれば勝てる。先制点を与えず、バックを信じて粘り強く投げたい」と次戦へ意気込んだ。

最終更新:7月15日(金)18時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]