ここから本文です

ASRock、OC安定性も高めたX99ゲーミングマザー「Fatal1ty X99 Professional Gaming i7」など2製品

ITmedia PC USER 7月15日(金)15時20分配信

 マスタードシードは7月15日、台湾ASRock製となるX99チップセット採用ゲーミングマザーボード計2製品「Fatal1ty X99 Professional Gaming i7」「X99 Taichi」の取り扱いを発表、7月22日に販売を開始する。予想実売価格はそれぞれ3万5980円前後/2万9980円前後(ともに税別)。

【太極をイメージしたデザインのX99 Taichi】

 ともにIntel X99チップセットを採用したLGA2011-v3対応のATXマザーボードで、12 電源フェーズ/8層基板の採用によりオーバークロック時の安定性などを高めているのが特徴。拡張スロット構成はともにPCI Express x16×3/同 x1×2で、PCI Express x16スロットには堅牢なスチールスロットを採用。ほかUltra M.2スロット×2、USB 3.1 Type-A/同 Type-Cポートも備えた。

 Fatal1ty X99 Professional Gaming i7は、プロゲーマーの「Johnathan 'Fatal1ty' Wendel」氏の名を冠したモデルで、サウンド機能としてCreative Sound Blaster Cinema 3を採用。またUSBマウスのポーリングレートを変更できる「Fatal1ty Mouse Port」やキーマクロ機能「Key Master」なども標準で備えている。

最終更新:7月15日(金)15時20分

ITmedia PC USER