ここから本文です

ユベントス ナポリFWイグアイン獲得に80億円+2選手譲渡をオファー

デイリースポーツ 7月15日(金)19時52分配信

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)の覇者ユベントスが、同リーグのナポリで昨季リーグ史上最多36得点を挙げたアルゼンチン代表FWイグアインを獲得するため、移籍金7000万ユーロ(約80億5000万円)に加え、2人の選手を譲渡するオファーをしていることがわかった。15日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

 イグアインはナポリとの契約が2018年6月まで残っており、移籍金(違約金)の設定は9800万ユーロ(約112億7000万円)とされている。移籍金7000万ユーロでは不足が生じるが、ユベントスは、ナポリが興味を示しているMFペレイラ(移籍金1800万ユーロ=約20億7000万円)とユーベ所有で昨季はセリエBのペスカーラでプレーした若手MFマンドラゴラ(同1000万ユーロ=約11億5000万円)の2人を譲渡することで埋め合わせたい考えだという。

 移籍金は2回払いという条件。イグアインには4年契約で年俸750万ユーロ(約8億6000万円)を提示しているという。

最終更新:7月15日(金)19時57分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]