ここから本文です

蒼樹うめ&ヤマヲミ、声優・松来未祐“愛悼”イベントのイラスト描き下ろし

コミックナタリー 7月15日(金)17時36分配信

蒼樹うめとヤマヲミが、9月11日に東京・科学技術館にて開催される「松来未祐さん愛悼イベント『39!未祐ちゃん』」のキービジュアルを描き下ろした。

2015年10月に慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)により逝去した声優・松来未祐を“愛悼”するべく企画された本イベント。イラストはアニメ「たまゆら」で松来と親交のあった佐藤順一監督による構図ラフをもとに、蒼樹によって松来が、ヤマヲミによりそれに寄り添う飼い猫のポン太とチーがそれぞれ描かれた。

イベントでは松来にまつわる楽曲のライブや、CAEBVについて学ぶトークコーナーを展開。そのほか会場では松来の写真や衣装が展示されるほか、チャリティーグッズの販売、骨髄バンクの登録説明会などが行われる。チケットの先行抽選予約は本日7月15日から、CNプレイガイドにて受け付けている。

松来未祐さん愛悼イベント「39!未祐ちゃん」
日時:2016年9月11日(日)17:00~19:30(予定)会場:科学技術館サイエンスホール料金:3900円(Tシャツ付)出演:阿澄佳奈、大坪由佳、神田朱未、菊池達也、儀武ゆう子、榊原ゆい、高野直子、高橋美佳子、西村ちなみ、広橋涼、水沢史絵、三十路バンドほかゲスト:荒井daze善正

展示・説明会・グッズ販売
日時:2016年9月11日(日)9:30~16:30(予定)会場:科学技術館1F催事場料金:無料

献血&骨髄バンクドナー登録会
日時:2016年9月11日(日)10:00~11:15、12:30~16:00

最終更新:7月15日(金)17時36分

コミックナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。