ここから本文です

全セが逃げ切り勝ち MVPは本塁打の筒香 全パは猛追及ばず

デイリースポーツ 7月15日(金)21時37分配信

 「マツダオールスターゲーム・第1戦、全パ4-5全セ」(15日、ヤフオクドーム)

 全セが逃げ切って対戦成績を78勝80敗10分けとした。四回に坂本(巨人)の本塁打で1点を先制。続く五回には筒香(DeNA)、バレンティン(ヤクルト)が一発。3-2の九回には戸柱(DeNA)の中前2点適時打で加点した。投げては先発の菅野(巨人)が2回完全投球を披露した。2-5の九回は中崎(広島)が1点差に迫られたが、後続を断って逃げ切った。

 MVPには本塁打を含む2安打を放った筒香が選ばれた。「初めてのホームランだったんで、すごくうれしかったです。特別な試合ですので、オールスターでホームランが打ててうれしいです」と緊張気味に語った。全セの真中監督(ヤクルト)は「最後ドキドキしましたけど、勝ててよかったです。見てて頼もしいメンバーがいましたので、ぜいたくに使わせていただきました」と、笑顔で話した。16日に横浜スタジアムで行われる第2戦に向けて「勝負事ですから勝った方が気持ちいいですし、ファンのみなさまの前でいいゲームを見せたい」と誓った。

 全パは0-3の五回に長谷川(ソフトバンク)のソロで1点を返すと、八回に田村(ロッテ)の右前適時打で1点差に迫った。さらに2-5の九回には、プロ15年目で球宴初出場となった栗山(西武)が、球宴初打席で右中間席に2ランを放って再び1点差に迫ったが、一歩届かなかった。

最終更新:7月15日(金)22時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]