ここから本文です

ゾクゾクすんだろ? 山田孝之、突如として言葉責めの快感に目覚めてしまう

ねとらぼ 7月15日(金)19時26分配信

 7月12日に濃ゆいInstagramデビューを遂げ、俳優仲間の城田優さんには「荒川アンダーザブリッジ」収録時の衝撃的な寝顔オフショットを公開された俳優の山田孝之さんが、言葉責めに目覚めてしまったと話題を呼んでいます。

【さまざまな顔を見せる山田孝之さんのInstagram】

 山田さんがInstagramに投稿した動画は電車が高架を通過する映像。「立って足を肩幅に開き画面を胸の高さに合わせて見てください」というコメントの指示通りにして見てみると自分の足の下を通過していくようで背筋がぞわっとします。

 とはいえ、本当にゾワゾワするのは、投稿に付けられたハッシュタグ「ゾクゾクするだろ?」「言えよ」「ゾクゾクすんだろ?」。上から目線の高圧的な物言いに「ハッシュタグにゾクゾク」「体の中を通り抜けていく感じがしました!」などの声のほか、「あっ私Mだったんだ……」と新たな扉を開く人も現れています。

 7月17日からスタートするドラマ「闇金ウシジマくん Season3」でこわもての丑嶋馨を演じている山田さん。9月22日には映画「闇金ウシジマくん Part3」、10月22日には映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」が公開予定で、気持ちはもうウシジマくんなのかもしれませんね。

最終更新:7月15日(金)19時26分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。