ここから本文です

日本ハム・大谷 球宴直後にTV生出演 際どい判定の舞台裏も明かす

デイリースポーツ 7月15日(金)23時12分配信

 日本ハムの大谷翔平投手が15日、ヤフオクドームで開催された「マツダオールスターゲーム・第1戦」出場後にテレビ朝日の「報道ステーション」に生出演。試合終了後のグラウンド内でインタビューに答え、球宴の“舞台裏”も明かした。

 この日は、八回に代打で出場。この打席で、追い込まれてからの際どい投球がボールと判定され、命拾いする場面があった。「僕はボールだと思って(見逃した)」と説明したが、実は「見逃した瞬間に(球審と)目が合った」と裏話も披露。結局は三直に倒れ「インコースの速いボールだったので…すごい速かったです」とマシソンに脱帽した。

 投手としてファン投票で選出されながら、右手中指のマメがつぶれて登板回避。打者としての出場となったことを「投げたかったですし、申し訳ないです」と謝罪した。

 それでも、試合前にはホームランダービーに初出場。全セ・山田(ヤクルト)、筒香(DeNA)、全パ・柳田(ソフトバンク)という強打者を抑えて優勝したことについては「ここしか活躍するところがないので頑張りました」と胸を張った。

最終更新:7月15日(金)23時19分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)