ここから本文です

3DCGやVR技術で“リアル”なキャラ表現はどう変わる? 「美術手帖」8月号が最新のキャラクター論を特集

ねとらぼ 7月15日(金)19時45分配信

 美術出版社の美術誌「美術手帖」が、7月16日発売の8月号(1600円、税別)で、特集記事「キャラクター生成論: 3DCG、VR――私たちの“リアル”はどう変わる?」を掲載。3DCGやVR技術を軸に、最新のキャラクター論が展開されます。

【女子高生とコミュニケーションできると話題の「サマーレッスン」特集も】

 パート1では3DCGアニメを主題に、「シドニアの騎士」「亜人」のポリゴン・ピクチュアズと、「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」「ブブキ・ブランキ」のサンジゲンを取材。手書き風のCG手法「セルルック」を用いる両社の仕事から、実在感のあるキャラクターはいかにして生まれるかを追います。

 パート2では10月発売のPlayStation VRをフィーチャー。体験レポートや開発者インタビューから、VRによるキャラクター表現の可能性を探ります。女子高生とコミュニケーションできる「サマーレッスン」もピックアップ。開発者から、VRに合わせた新たなキャラクターづくりへの取り組みが語られます。

 さやわか、伊藤剛、岩下朋世ら評論家・研究者による座談会や、表象文化の研究者、石岡良治が語る「キャラクター文化『超』講義」も収録。それぞれの記事で、「艦これ」や「ズートピア」「Ingress」など、幅広いジャンルの作品を例に、現代におけるキャラクターの諸相や、今後の可能性が論じられます。

(沓澤真二)

最終更新:7月15日(金)19時45分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]