ここから本文です

藤崎竜×小野不由美「屍鬼」文庫化、死に包囲された村が舞台のホラー

コミックナタリー 7月15日(金)19時33分配信

小野不由美原作による藤崎竜「屍鬼」が全6巻で文庫化。本日7月15日に1、2巻が発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「屍鬼」は周囲から孤絶し土葬の風習が残る、人口わずか1300人の村を舞台にした小野の同名小説が原作のホラー。桐敷と呼ばれる謎の一家が引っ越してきたことを契機に発生した、村人たちの変死や失踪の謎をめぐって物語は展開される。同作はジャンプスクエア(集英社)にて2007年から2011年まで連載され、2010年にはフジテレビ系のノイタミナ枠でテレビアニメ化も果たした。

最終更新:7月15日(金)19時33分

コミックナタリー