ここから本文です

古びた映画館で働く男の人生に寄り添うウルグアイ映画「映画よ、さようなら」公開

映画ナタリー 7月15日(金)20時6分配信

ウルグアイ映画「映画よ、さようなら」が、明日7月16日より東京・新宿K's cinemaで公開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、古びたシネマテークに25年間務めてきた男・ホルヘに訪れた人生の転機を描く物語。45歳、独身、恋人なしのホルヘにとってシネマテークは彼のすべてであったが、ここ数年で観客が激減。建物の賃貸料を長期滞納し、ついに立ち退きを命じられてしまう。

第35回トロント国際映画祭のヴィジョンズ部門をはじめ、各国の映画祭で高く評価された本作。「アクネ ACNE」のフェデリコ・ベイローがメガホンを取り、映画への愛やオマージュを全編モノクロの映像で表現した。

最終更新:7月15日(金)20時6分

映画ナタリー