ここから本文です

つげ義春「ねじ式」Tシャツがカラー変え復刻!新作「紅い花」「チーコ」も

コミックナタリー 7月15日(金)20時28分配信

つげ義春のイラストをあしらったTシャツの第2弾が、7月16日に虹霓社の通販サイトで発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

約4年ぶりに登場した「つげ義春T式シャツ」は、「ねじ式」「紅い花」「チーコ」をモチーフにした3種類。「ねじ式」モデルは第1弾で好評だったデザインのカラーを変え復刻したもので、左腕にはねじマークがプリントされている。

また冒頭シーンが描かれた「紅い花」モデルと、ラストシーンを表現した「チーコ」モデルはどちらも新作。なおTシャツはいずれもつげ公認によるもので、その証としてつげ自身が普段使用している落款が布タグ1枚1枚に手押しされている。また前回に引き続き、首元には「無能の人」に登場する“石”マーク入りのタグも。

価格は「ねじ式」が4500円、ほか2種は3900円。購入すると特典としてポストカードが付属する。また同サイトでは、つげのイラストが入った4種類の手ぬぐいも販売中。

最終更新:7月15日(金)20時28分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。