ここから本文です

au SHINJUKUで「おもいでケータイ」展示中 プロの充電で“思い出がよみがえる”サービスも

ITmedia Mobile 7月15日(金)22時36分配信

 KDDIは7月14日から18日まで、東京・新宿のau SHINJUKUで「おもいでケータイ タイムトラベル」を開催中だ。

【写真で振り返る】約60台の代表的な機種を展示中

 このイベントは春に公開したWebコンテンツ「おもいでケータイ タイムライン」「auケータイ図鑑」のリアル版で、30年間に販売された約700機種の携帯電話から、IDO、DDI-セルラー、ツーカー、そしてauと、世代別に代表的な約60機種を展示している。

 展示機は動作しないが、auケータイ図鑑には一部機種の起動音も収録。会場にはタブレットも置かれており、その場でauケータイ図鑑を体験することも。図鑑制作時に参考にしたという当時のカタログも自由に閲覧できる。

 このほか、古くなって起動しない携帯電話のバッテリーをKDDIのプロがチェックし、充電するサービスも行っている。無事に起動した場合は端末内に保存されている思い出の写真をプリントして、オリジナル台紙に貼り付けてプレゼント。ケータイの復活をSNSなどでシェアできるよう、撮影用のスタンドも用意した。KDDI以外の端末にも対応する。

 ということでITmedia Mobileでは、auやツーカーはもちろん、FOMAやボーダフォン、そしてNokiaの旧機種を含む10機種を持参してみた。今回の充電サービスは専用のバッテリーチェッカーを使う本格的なもので、さまざまなフィーチャーフォンのバッテリーに対応している。

 この機器はもともと、キャリアショップの店頭でバッテリーの故障判定などに使っていたもの。バッテリーごとに適した電圧と電流をかけて状態を判断し、正常であればそのまま充電して復活させられる。ただ会場のバッテリーチェッカーは3台しかないため、正常に充電できる場合は普通の充電器にバトンタッチする。

 時間の関係もありさすがに10台全てをチェックすることはできなかったが、例えばウォークマンケータイ「W42S」は無事に復活して起動。またツーカーの「TT03」やボーダフォンの「702NK」はバッテリーが復活せず、残念ながら再び目覚めることはなかった……。

 「あのころ使っていたケータイを見てみたい」「昔のケータイがあるけど、充電器がない」という方は、この3連休にau SHINJUKUへ足を運んでみてはいかがだろうか。おもいでケータイ タイムトラベルの開催時間は12時30分~18時まで。旧機種の充電サービスやプリントは無料で先着順に受け付ける。ちなみにイベント限定のサービスのため次回があるかは未定だという。

最終更新:7月15日(金)22時36分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]