ここから本文です

日本酒をキャラ化! オルトプラスが新プロジェクトを発表 松本零士、 美樹本晴彦、ヤスダスズヒトらが参加

ねとらぼ 7月15日(金)23時25分配信

 日本酒をキャラクター化して日本酒文化の発展をめざす、日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」が誕生しました。

【純米酒が美少女に】

 企画したのは、ソーシャルゲームの企画・開発を行うオルトプラス(東京都渋谷区)。誕生したキャラクターは、蔵元の日本酒販促プロモーションに使われる他、将来的にはキャラクターを使ったゲームの開発などを目指すとのこと。

 参加している作家さんは、松本零士氏、美樹本晴彦氏などのベテランから、「デュラララ」のイラストを担当するヤスダスズヒト氏など、バラエティに富んだ顔ぶれ。萌えキャラだけでなく、幅広い年代が楽しめるキャラクターデザインになっています。

 各キャラクターにはそれぞれ設定があります。例えば、松本零士氏がデザインした田酒泉心(たさか せんしん)は、青森県青森市油川にある西田酒造店の「特別純米酒 田酒」のキャラクター。年齢は138歳で、好きな食べ物はホタテの刺身、赤身の刺身だそう。その他のキャラも日本酒の個性を生かしたものになっています。

 細かい設定は、このプロジェクトのキャラクターを紹介するサイト「にっぽん酒ものがたり」で見ることができます。

 日本酒キャラクター化プロジェクト「ShuShu」は、現在30以上の蔵元と提携しており、いずれは各都道府県にキャラが存在するのが目標とのこと。好きなキャラクターから日本酒を選んでみたり、そのお酒の歴史や成り立ちを調べつつ飲むのも楽しそうです。

・参加している作家さん(五十音順):ささきむつみ氏、さんば挿氏、jitari氏、月神るな氏、藤堂裕氏、富沢和雄氏、松本零士氏、美樹本晴彦氏、ヤスダスズヒト氏

最終更新:7月15日(金)23時25分

ねとらぼ