ここから本文です

ハーレイ・クインが生着替え!「スーサイド・スクワッド」予告にバットマンの姿も

映画ナタリー 7月15日(金)22時7分配信

DCコミックス原作「スーサイド・スクワッド」の日本版ポスターが到着。YouTubeにて最新予告編も公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作では、バットマンらヒーローたちに捕らえられ、死刑や終身刑となったヴィラン(悪役)たちで結成された集団、スーサイド・スクワッド(自殺部隊)の活躍が描かれる。マーゴット・ロビー扮するハーレイ・クインやウィル・スミス演じるデッドショットらが、減刑と引き換えに命懸けのミッションに挑む。

このたび公開された予告編の冒頭には、ハーレイ・クインのセクシーな生着替えに、男性キャラたちが思わず足を止めてしまうシーンが。さらにジャレッド・レト演じるジョーカーが怪しげな表情で「お仕置きタイムだ」とささやく場面や、マントをなびかせるバットマンの姿も収められている。

「スーサイド・スクワッド」は9月10日より全国ロードショー。



(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

最終更新:7月15日(金)22時7分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。