ここから本文です

小南泰葉、実際に起きた殺人事件モチーフの映画に主題歌

音楽ナタリー 7月15日(金)22時41分配信

小南泰葉の楽曲「白闇」が、11月下旬に東京・ユーロスペースで公開される映画「ひかりをあててしぼる」の主題歌に選ばれた。

「白闇」は小南が2015年12月にリリースした2ndアルバム「僕を救ってくれなかった君へ」に収録されている楽曲。「ひかりをあててしぼる」は2006年に東京・渋谷で起きた殺人事件をモチーフに、ある秘密を抱えた夫婦の姿を描いた作品となっている。夫・谷中浩平役を忍成修吾が、妻・智美役を派谷恵美が演じており、2011年上演の同名舞台で演出を担当した坂牧良太が監督を務めた。YouTubeでは「白闇」を使用した映画の予告編が公開されている。

最終更新:7月15日(金)22時41分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。