ここから本文です

映画『ゴーストバスターズ』裏話 ビル・マーレイの“捕獲”に一苦労

オリコン 7月15日(金)9時0分配信

 新しいキャストを迎えて30年ぶりに復活する映画『ゴーストバスターズ』(8月11日~14日先行公開、19日全国公開)。監督を務めたポール・フェイグ氏は、前作に出演した俳優ビル・マーレイから製作の許可をもらおうとしたが、エージェントを持たないことからオファーを出しにくい俳優として知られるマーレイにどうアプローチしたのか。ゴーストよりも“捕獲”が大変そうなマーレイに接触し、さらに念願かなってカメオ出演してもらうまでの苦労を明かした。

【動画】『ゴーストバスターズ』予告編 白い巨大ゴーストが登場

 本作の舞台はニューヨーク。コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバート(クリステン・ウィグ)は、世界で初めて心霊現象を科学的に証明する研究を重ねていたが、大学側に一方的に研究費を打ち切られてクビに。その知識と技術力を生かすため、“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業する。

 1作目と2作目で監督を務め、今回企画をしたアイヴァン・ライトマン氏から監督を依頼されたフェイグ氏は、前作に出演していたマーレイとダン・エイクロイドから製作の許可をもらおうと考えた。

 ハリウッドスターは通常エージェントが仕事のオファーやギャラの交渉などを行うが、マーレイにはエージェントがいないため、オファーが出しにくい俳優として有名。これまでも『トイ・ストーリー』のバズ役、『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役など、マーレイが演じていたら歴史が変わっていたであろう大役のオファーがたくさんあったという。

 そんなマーレイにまず電話をしてみたというポール監督は「ビルには本当にエージェントがいないんだよ。だから電話して20秒くらい話したけどそこで切れてしまった。『彼が途中で切ったのかな?』それとも『電話に切るためのスイッチがあるのかな』って心配になった」と当時の状況を説明。電話では接触が難しいと思ったが、その後マーレイとエイクロイドに会う機会に恵まれる。

 「ダンはとてもすてきで長話をしたんだ。この企画についてとても興奮していたよ」とすぐに打ち解けた様子。この調子で勇気を出してビルの元へ向かうと「ビルも企画に夢中になってとても協力的だった。だから最後に『何かで僕らの映画に関わってくれることを願っているよ』と言ったんだ。そしたらビルは『おお、イヤァ。オッケー…』って感じで、突然いなくなってしまった」と話し、製作の許可はもらえたものの、出演してもらおうとすると、すぐに返事はもらえなかったと告白。

 たくさんの友人たちがマーレイに連絡を取ってくれるなど協力があったが、撮影前日まで本当に来るのかわからず、フェイグ監督は「『彼はやるかもしれない。実際彼はやるように思えるよ』とずっと聞かされていたけど、前日まで本当に来てくれるかどうかわからなかったんだ。でもついに撮影日の朝になり、セットに行って『ビルはここにいるの?』と聞いたら、『メイクアップのトレーラーにいます』と言ったんだ。僕はオーマイゴッドって感じだったよ」と、当日になってようやく安心できたという。

 念願かなったマーレイの出演。役柄について詳細は明らかにされていないが、きっと大きなインパクトを残しているに違いない。

最終更新:7月15日(金)9時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。