ここから本文です

【NBA】ウォリアーズ、センターのA.バレジャオと再契約

ISM 7月15日(金)11時2分配信

 ゴールデンステイト・ウォリアーズが現地14日、チームからフリーエージェントとなっていたアンダーソン・バレジャオと、1年契約を結んだことが明らかとなった。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが同日、関係者の話として伝えた。

 33歳のバレジャオは、今年2月に行われたトレードで、NBAデビューから11シーズンを過ごしたクリーブランド・キャバリアーズを離れ、ポートランド・トレイルブレイザーズへ移籍。すぐにブレイザーズからウェイブ(契約解除)されると、ウォリアーズに加入した。

 ブラジル出身のセンターは昨季、キャブスとウォリアーズで合計53試合に出場し、平均9.4分間のプレータイムで2.6得点、2.7リバウンド。プレーオフでは、平均5.5分間で1.2得点を記録した。キャリア12年間の通算成績は、平均7.4得点、7.3リバウンドとなっている。

最終更新:7月15日(金)11時2分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。