ここから本文です

【NBA】ペリカンズがT.ジョーンズと1年契約、ポテンシャルに期待

ISM 7月15日(金)13時59分配信

 ニューオーリンズ・ペリカンズが現地14日、ヒューストン・ロケッツからフリーエージェントとなっていたテレンス・ジョーンズと、1年契約に合意したことが分かった。米『CBSスポーツ』のウェブサイトなど複数のメディアが報じた。

 同サイトによると、ジョーンズは今オフにペリカンズを退団したライアン・アンダーソンほどのシューターではないものの、より優れたリバウンダーであり、控え選手として守備に期待ができるとのこと。チームの大黒柱アンソニー・デイビスとは、2011-12シーズンにケンタッキー大でともにプレーしていたという。その後、デイビスは2012年ドラフトでペリカンズから全体1位、ジョーンズはロケッツから全体18位指名を受けてプロ入りを果たした。

 NBAデビュー後はケガに苦しみ、4年間で通算178試合の出場にとどまったジョーンズ。2013-14シーズンと2014-15シーズンの2年間は平均12.0得点、6.9リバウンドをマークしたものの、昨季は50試合(先発11試合)の出場で、平均8.7得点、4.2バウンドと、思うような結果を残せなかった。

 その一方で、24歳のフォワードは、2年前にスリーポイントシュート成功率35.1%を記録。当時のシュート力を取り戻すことができれば、ペリカンズにとって非常に強力な戦力となり、デイビスと多様性に富んだフロントコートを形成することも、新加入のイートワン・モア、ラングストン・ギャロウェイとともにベンチからの起爆剤となることもできると、『CBSスポーツ』は伝えている。

最終更新:7月15日(金)13時59分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]