ここから本文です

「WHITE FOX」初オリジナルアニメ10月開始 “和風魔法少女”が活躍

オリコン 7月15日(金)17時23分配信

 『刀語』『STEINS;GATE』などで知られるアニメーション制作スタジオの「WHITE FOX」が初のオリジナルアニメを手がけることが15日、わかった。タイトルは『装神少女まとい』で、“和風魔法少女”の活躍を描く。2016年10月よりテレビ放送が開始する。

【画像一覧】キャラデザ&場面カットが公開

 舞台は西暦2016年。釜谷市にある「天万神社」で、巫女のアルバイトをしていた中学2年生・皇(すめらぎ)まといが、誰にも邪魔されない穏やかな日々を取り戻すため、神をまとって悪霊を払う能力で退魔活動(タイカツ)に励む。

 声優も発表され、まとい役を諏訪彩花、まといの親友の草薙(くさなぎ)ゆま役を大空直美、クラルス・トニトルスは戸松遥が務める。監督は迫井政行氏、シリーズ構成・脚本は黒田洋介氏、キャラクターデザイン・総作画監督は戸田麻衣氏が担当。

 エンディング曲は寿美菜子・高垣彩陽・戸松遥・豊崎愛生によるユニット・スフィアに決定。約1年ぶりとなるテレビアニメのタイアップシングルが起用されることとなった。

■キャスト
皇まとい…諏訪彩花
草薙ゆま…大空直美
クラルス・トニトルス…戸松 遥

■公式サイト
http://www.matoi-anime.com/

最終更新:7月15日(金)17時23分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。