ここから本文です

中山美穂、2年ぶりドラマ主演 竜星涼と“歳の差愛憎”描く

オリコン 7月16日(土)8時0分配信

 女優の中山美穂(46)が8月20日よりスタートするWOWOWオリジナルドラマ『連続ドラマW 賢者の愛』(毎週土曜 後10:00※全4回)でNHK BSプレミアム『プラトニック』(2014年)以来約2年ぶりにドラマ主演を務めることがわかった。中山は美しさと賢さを併せ持つ凛とした大人の女性・高中真由子を演じ、竜星涼(23)演じる親友の息子で25歳年下の青年・澤村直巳を調教し復讐の道具として仕立てあげる愛憎劇に体当たりで挑む。

【写真】中山美穂演じる真由子に服従心を抱く青年には竜星涼

 直木賞作家・山田詠美氏による原作小説をもとにした同ドラマでは、初恋の人を一瞬で奪い去った親友とその周りの人々への“復讐”が生きる糧となってしまった悲しき主人公の、背筋の凍るような心理戦を軸に友情、恋愛、親子、様々な人間関係と、それを取り巻く感情の揺らぎを鮮烈に描く。映画『東京タワー』(07年)などのヒット作を手掛けた源孝志監督による、大人の人間ドラマがみどころとなる。

 中山、竜星以外のキャストとして、真由子の初恋相手と結婚し彼女の人生を狂わせる女性・澤村百合には高岡早紀、真由子の初恋の相手・澤村諒一に田辺誠一、真由子の母に朝加真由美、父に榎木孝明を起用。濃厚な愛と復讐と欲望の物語に彩りを加える。

 また、このたびミッドナイトブルーの布だけをまとった中山と竜星の大胆なビジュアルが解禁。聡明で美しい真由子と彼女に絶対服従する直巳による25歳差の愛憎劇の行方を暗示する仕上がりになっている。

最終更新:7月16日(土)8時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。