ここから本文です

“ガサガサ声”本間朋晃、声優オファーに「世も末だな」

オリコン 7月16日(土)16時18分配信

 プロレスラーの真壁刀義選手、本間朋晃選手が16日、都内で行われたマナームービー『新日本プロレスの真夏の最強決定戦「G1 CLIMAX」』の記者会見に出席。“ガサガサ声”が特徴的な本間は、今作に声優としてオファーを受け「世も末だな~」と笑った。

 人気アニメ『秘密結社鷹の爪』とコラボした同ムービーでは、2人が本人役で出演し、リング会場での観戦マナーを呼びかける。監督・脚本・声の出演を務めるFROGMAN氏の指導を受けながらアフレコに臨み、本間は「俺じゃダメでしょって思ったけど、正直すごい楽しかった」と充実感をにじませ「僕みたいな声でも映画に出られるなんて夢あるな~。本当に幸せな時間でした」と顔をほころばせた。

 お披露目された映像内では同作の人気キャラ・吉田くんらと軽快に共演。真壁は「インパクトもあるし、俺達にぴったり。楽しんで見られるからお客さんたちも素直に聞き入れてくれるんじゃないかな」と手応え十分。会見に駆けつけた吉田くんと仲良くフォトセッションに応じ「しかもコラボだし、最高じゃん」と白い歯をみせた。

 2人は、8月20日先行公開、同27日全国公開の映画『鷹の爪8~吉田くんのX(バッテン)ファイル~』にも本人役で出演する。

最終更新:7月16日(土)18時20分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。