ここから本文です

俳優・岡田将生、猟奇的な表情で奇声? 宮川大輔を怯えさせる

オリコン 7月16日(土)0時0分配信

 俳優・岡田将生とお笑い芸人・宮川大輔が、16日より全国で放映されるスマートフォン向けRPG『メビウス ファイナルファンタジー』の新TVCMに出演することがわかった。目を大きく見開きながら奇声をあげ、何かに取りつかれたようにスマホをさわる岡田の表情が見どころとなっている。

【動画】岡田将生、目を見開きながらスマホを…新CM動画

 新CM「XIII コラボ」篇の舞台は、レトロな雰囲気が漂う夜の純喫茶。宮川演じるマスターがカウンターを拭いていると、カウンターに座っていた客(岡田)が笑いとも取れない奇声を発していることに気付く。慌てて声のするほうに目をやると、そこにはスマホの画面を目を大きく見開きながら凝視し、猟奇的な表情で何かに興じる岡田の姿が。周囲の状況には目もくれずにスマホを見つめる岡田は、『メビウス FF』をプレイしていた。シーンは主に2人の表情がメインとなるが、そのコミカルかつシュールな演技で、ゲームの魅力が存分に伝わってくるCMとなっている。

 撮影は6月下旬の早朝、東京都内の喫茶店で行われた。2014年公開の映画『オー!ファーザー』にて親子役で共演歴があり、当日は久々の再会を喜んでいた様子。2人は同じ画面に出てくるものの、劇中における会話や。視線を合わせるシーンはなく、岡田は近づいてくる宮川の気配を感じながら、宮川は『メビウス FF』に夢中の岡田の様子をさりげなく窺いながら、阿吽の呼吸でコミカルな世界観を演出するという難しい演技だったが、過去に共演したこともあって、息ピッタリ。岡田は「自然と絶妙の間合いでできた気がします」と手ごたえを感じていた。

 撮影後、宮川は「ホンマに怖くて、そこまでせんでもええんちゃうっていうぐらいの怖さがありました」と、岡田の演技を絶賛。岡田は「監督から『瞳孔を開いて』という指示があったので、なんか見ていて気持ち悪い、取り憑かれていそうって思われるように集中しました」と話し、その目論見は成功したようだ。しかし、実際に『メビウス FF』のゲーム映像をはじめて見た時、「うわぁ、キレイだなぁ」と思わず感嘆の声を上げてしまったそうで、そこまでのめり込んでしまう気持ちもわかる様子だった。

 「XIII コラボ」篇は16日より全国でオンエア。8月からは『ドラゴンクエスト』シリーズ誕生30周年を記念して行われる『メビウス FF』と『星のドラゴンクエスト』のコラボをテーマにした続篇「星ドラコラボ」篇もオンエア予定。

最終更新:7月18日(月)15時38分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。