ここから本文です

小池栄子、小沢一郎氏に食事誘われていた「今ごろ立候補していたかも」

オリコン 7月16日(土)18時11分配信

 作家の村上龍氏と女優の小池栄子が司会を務めるテレビ東京系『日経スペシャル カンブリア宮殿』(毎週木曜 後10:00)が、8月4日の放送で500回を迎えることと、放送10周年を記念して16日、都内で会見が行われた。

【写真】今や“名コンビ”の小池栄子&村上龍氏

小沢一郎氏がゲスト出演した回を振り返った小池は「結構(小池を)気に入ってくれていましたよ。ご飯行こうって言われた。あのとき行っていたら、今ごろ小池百合子さんみたいに立候補していたかもしれない」と冗談めかし、村上氏を笑わせた。

 2006年4月にスタートし、企業のトップを中心としてゲストを毎回招き、村上の視点を通して見えてくる企業等の本質に迫る同番組。小池の視聴者と近い目線からの質問を交えながら、大企業だけではなく、地方で奮闘する中小企業も取り上げ、好評を博している。

村上氏は「こんだけ努力しないと成功は難しいのかっていう驚きと敬意がある」とゲストから感じたことを明かし、小池も「どの業界でも共通しているのは、信念もってコツコツやるのみということ。そうやって教えてもらったことを胸に私もこの世界で活躍したい」と話した。

 小池とのコンビも10年を迎えて、村上氏は「本当に頼りにしています」と信頼を寄せ、小池も「始めは全然笑わない怖いおじさんだと思っていたけれど、龍さんが隣にいると安心する。今は大好きです」と笑顔を見せていた。

 8月4日の放送は、新たなやり方で人工クモの糸の量産化に道筋をつけたスパイバー代表執行役の関山和秀氏、木と水を使わず石を原料とした新しい紙を製造しているTBM社長の山崎敦義氏(※崎は立つ崎が正式表記)をゲストに迎え、これからの10年で世界を変えうる新素材の開発現場と2人の情熱に迫る。

最終更新:7月16日(土)18時19分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。