ここから本文です

尾崎豊さん長男・裕哉がテレビ初歌唱 「父親の分も力強く生きたい」

オリコン 7月16日(土)21時25分配信

 1992年に亡くなった伝説のミュージシャン・尾崎豊さん(享年26)の長男でシンガー・ソングライターの尾崎裕哉(おざき・ひろや、26)が16日、TBS系音楽特番『音楽の日』に出演。テレビ初歌唱で父の代表曲「I LOVE YOU」とオリジナル曲「「始まりの街」を熱唱した。

【写真】面影も?在りし日の尾崎豊さん

 登場前のVTR中でインタビューに答えた裕哉は「(自分が)成長するごとに父がどんな人物だったのかという思いが強くなり、父親と唯一つながれるものが、(父親の)遺した音楽だと気づいた」と歌うことへの思いを吐露。「自然と父の声と自分の声が同調する瞬間を感じる。間違いなく父親の声を自分は受け継いでいる」と語った。

 ステージではギターを手に「I LOVE YOU」を弾き語り、続いて亡き父を思って書いたというオリジナルのバラード曲「始まりの街」を披露。父親譲りの情感豊かで起伏のあるボーカルを聴かせ会場を魅了した。

 司会の中居正広から「父親と比較されることに葛藤はありますか?」ときかれると、「比較されるプレッシャーはあるけど、それよりも何のために音楽をやるのかという自分に対する葛藤の方が大きい」と語った裕哉。声が父親に似ていると言われることには、笑顔で「うれしいです!」ときっぱり。今月24日には27歳の誕生日を迎え、父が亡くなった年齢を超える裕哉は「父親の分も力強く生きたい」と凛とした表情で決意を述べた。

最終更新:7月20日(水)10時56分

オリコン