ここから本文です

徳永英明、急性咽頭喉頭炎で全国ツアーを一部延期

オリコン 7月15日(金)20時47分配信

 シンガー・ソングライターの徳永英明が15日、急性咽頭喉頭炎のため全国ツアーの一部公演を延期すると自身の公式サイトで発表した。

デビュー30周年を迎えた「徳永英明」プロフィール

 延期されるのは今月16~17日の福岡サンパレス公演と、23~24日の名古屋センチュリーホール公演。徳永は10日に行われた神戸での公演終了後、喉の不調を訴え医師の診察を受けたところ急性咽頭喉頭炎と診断。「開催できるよう直前まで調整を試みましたが、やむなくこのような結論に至りました」と上記公演の中止に至った経緯について説明した。現在は「1日も早い回復に向け療養しております」と記している。

 延期公演のスケジュール、チケットの振り替え、払い戻しに関しては7月26日をめどに徳永の公式サイト、キョードー西日本、サンデーフォークプロモーションの公式サイトにて発表するとしている。

 徳永は今年2月に体調不良のため入院。検査の結果、かねてより患っていた脳血管閉塞症「もやもや病」と診断され、同22日に約6時間におよぶ開頭手術を受けた。その後、4月16日に東京・豊洲PITで開催したライブイベントで活動復帰を果たしていた。

最終更新:7月19日(火)18時17分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。