ここから本文です

瀧本美織率いるガールズバンド・LAGOON、解散発表

オリコン 7月15日(金)21時49分配信

 女優・瀧本美織が率いる5人組ガールズバンド・LAGOONが15日、公式サイトで解散を発表した。2014年11月にデビューした同バンドは、1年8ヶ月で終止符を打った。

【写真】6月発売のミニアルバムで大胆イメチェンを図った瀧本美織

 公式サイトで「この度、『LAGOON』は2016年7月15日をもって解散することとなりました」と報告。解散理由について、「二足のわらじを持つバンドとして『自分の職業、音楽活動』ともに全力で両立を続けてまいりましたが、この先もバンドとしてメンバー5人で活動を続けていくことが困難だと判断し、それぞれの成長をメンバー・スタッフともに真剣に話し合った結果、解散という選択をすることとなりました」と説明した。

 今後については「全員音楽をやめることなく、一人一人が新しい道で音楽を続けていきますので、変わらぬ応援とご支援の程、宜しくお願いいたします」と呼びかけた。

 各メンバーのコメントも掲載され、瀧本は「文章だけではなく直接伝えたい気持ちがありましたが、それが叶わず本当にごめんなさい。それぞれが成長していくために、この決断は自分達にとって必要なことだと思っています」と謝罪。

 続けて「バンドでの経験と学んだことを生かし、これからも、音楽にのせていく気持ちを大切に歌っていきたいと思っています。必ず音楽でもみんなと出逢えることを約束するので、私瀧本美織、そしてyuri、NANA.、YUKINO、AMI。それぞれ応援していただければとても嬉しいです」とファンに感謝した。

 LAGOONはソニー・ミュージックレコーズが企画した「女性の夢を叶える応援プロジェクト」として結成。全く異なる職業の女性5人がそれぞれ「二足のわらじを履くガールズバンド」で、オーディションを経て、カフェ店員、一児のママ、学生、救急救命士がメンバーに決まり、ボーカルは瀧本が務めた。14年11月に「君の待つ世界」でデビュー、15年6月にギターのRINOが脱退し、同年10月に女子高生ギタリストのAMIが加入していた。

最終更新:8月1日(月)8時57分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。