ここから本文です

【インタビュー】The Super Ball、目指すは東京ドーム「ふたりで満員にできたら」

BARKS 7月20日(水)11時1分配信

身長180センチ超え。一見、ソフトな草食系男子だが、その経歴や夢に向かって全力投球してきたガッツにギャップ萌えのツインヴォーカルユニット、The Super Ballが7月20日にシングル「トモダチメートル」でメジャーデビューを飾る。同曲はテレビアニメ『不機嫌なモノノケ庵』のオープニングテーマとしてオンエア中。デビュー後初のワンマンライヴは赤坂BLITZと早くもサクセスストーリーへの道を歩みだしている。

◆The Super Ball 画像ページ(1)ヘ

2013年に結成し、ひとりでも多くの人に知ってもらうべくTwitterやツイキャス、YouTubeなどを駆使し自身のパフォーマンスなどを公開しながら、ライブハウスや路上ライブを中心に活動してきた佐々木陽吾(G&Vo)と吉田理幹(Pf&Vo)。ふたりが出会った頃の思い出、笑える共同生活のエピソード、音楽観、恋愛観までたっぷり語ってもらったインタビューをお届けする。

  ◆  ◆  ◆

■ふと思いたって連絡したのがキッカケです

??まずThe Super Ballのふたりが出会ったのはレコード会社のオーディション会場だったとのことですが。

吉田理幹(以下吉田):そうですね。ふたりとも某レコード会社のオーディションの最終選考に残っていたので控え室が同じで、その時に連絡先を交換したんです。その1年後ぐらいに自分のソロ活動が思うようにいってなかったこともあって、「あの時のいい声の彼は今、何をしているんだろう?」とふと思いたって連絡したのがキッカケです。

佐々木陽吾(以下佐々木):電話がかかってきた時、僕は「半分、趣味でもいいかな」と思うぐらいにソロ活動がうまくいってなかったんです。ふたりで音楽談義をしている内に「じゃあ、1回、一緒にスタジオに入ってみようか」ってことになって、声を合わせてみたらすごく相性が良かったんです。それと彼が作った曲を聴いた時に「こんなメロディ、自分には思いつかないな」って思ったことも大きかった。今回のメジャーデビューシングルのカップリングに収録されている「ココロのブランケット」がいちばん最初にふたりで合わせた曲なんですよ。

??声の相性がピッタリですよね。そもそも、どんな話から連絡先を交換することになったんですか?

佐々木:僕、けっこうお調子者なのでオーディションの控え室の空気が張り詰めているのに耐えられなくて、「仲良くなろうぜ」みたいな感じでみんなに連絡先を聞いてたんですよ。「どこから来たの?」とか話しかけて。だから、最初は僕のこと苦手だったそうです(笑)。

吉田:僕はオーディションの時はイヤホンをして、ひとりの世界に入りたいタイプなんですけど、そんな中、「ウィッス、ウィッス」って入ってきてペラペラしゃべってるヤツがいて、内心うるさいなって(笑)。

佐々木:(笑)今は仲がいいんですけどね。

??でも、佐々木さんがそこでハイテンションで話しかけなければThe Super Ballは誕生しなかったわけですよね。

吉田:そうですね!

佐々木:ホントに交換しておいて良かったよ。僕のおかげ(笑)。電話が来た時はビックリしましたけどね。

吉田:出会ったオーディションから、一年ぶりぐらいに電話かけて。

佐々木:自分も落ち込んでたから「じゃあ、飲みに行こうぜ」って新宿の思い出横丁に行って。

??(笑)哀愁漂ってますね。

佐々木:そうなんですよ。その時の心境もあいまって。

吉田:黄色い提灯のお店でした。

佐々木:2階の誰もいない席でしっぽり飲んでました。で、ふたりでスタジオに入ったのをキッカケに試しにライヴをやってみようかっていうことになって、「じゃあ、ユニット名、決めなきゃ。覚えやすい名前がいいよね」って。その時、僕、ちょうどスーパーボールで遊んでいまして。(ポケットから取り出して)常に持ってるんですけどね。

??ホントに持ってるんですね。

佐々木:ハマってるんですよ。スーパーボールってちょっと回転つけると2バウンド目が予測できないところに飛んだりしてすごく面白いんですよ。この跳躍力や勢いで自分たちも上にのぼっていけたらいいなと思って。カラフルでポップなイメージもあるし(吉田)理幹も気に入って、すぐに決まりましたね。

吉田:覚えやすいし、“スパボ”って略してもらえるんじゃないかなって。キャッチーさに魅かれましたね。

??お試しだった初ライヴで、一緒にやっていこうと気持ちが固まるんですか?

佐々木:そうですね。スタジオで合わせたのが2013年の8月で1ヶ月後にライヴをして。

吉田:オリジナル2曲とカバー2曲。最初はミスだらけだったんですが、「また一緒にライヴしたいな」って思えたんです。

佐々木:そこからソロとして出演していたライヴハウスに「これからふたりで出ます」っていう話をして路上ライヴもやりつつ、だんだんお客さんが増えていって2014年の8月には下北沢の440というライヴハウスでワンマンができるようになったんです。自分たちだけを見てくれるお客さんの顔を見て“これだな!”って思いました。で、そのライヴの約1ヶ月後には一緒に住んで活動するようになったという。

??共同生活! でも、出会いのエピソードからしてふたりともかなり性格が違いそうですよね。

吉田:そうですね。真逆なような気がします。

佐々木:理幹はよくも悪くも純粋なんですよ。高校の時は強豪校で野球やってて、プロ野球選手になることしか考えてなかったんだよね?

吉田:そうなんです。

佐々木:野球めちゃめちゃうまいですよ。足も超速い。ここ(渋谷)から新宿まで走ったら20分ぐらいで着くんじゃない?(笑)。
??えーっ!?

吉田:余裕で行けますね。

佐々木:50メートル5秒台ですから。なのに高校を卒業してからは音楽一筋。夢のためならレッスンも曲作りも何でもする。逆に言うとそれしかしない(笑)。

??とにもかくにも一途なわけですね。

佐々木:僕はそういう人を初めて見たんですよ。自分は器用貧乏で勉強もスポーツもそこそこで。

??先生一家に育ち、佐々木さんも将来は教師になるつもりだったとか。

佐々木:はい。国立大学に進学してスポーツも人並みにはできたけど、これだけは負けないっていうのがないんですよ。だから、理幹のことは尊敬しています。ただ、それ以外のことは不器用なので、僕がサポートしていますね。

??ちなみに共同生活をする上で助けてあげていることは?

佐々木:電車の時間、調べてあげたり。

吉田:それは僕もやってるよ(笑)。

佐々木:でも、一応、「明日は何分の電車ね」って言っておく。あとはトイレとお風呂のスイッチが別々なんですけど、普通、トイレに入る時はトイレのスイッチをつけるじゃないですか。理幹は2つ押せばどっちかが付くだろうって。

??要するにどっちがトイレの電気なのか把握していないわけですね。

吉田:そうです。両方押せばつくだろうって(笑)。

佐々木:僕がそれを1つ消してあげる(笑)。

??電気代かかっちゃいますからね。

佐々木:はい。光熱費も管理していて、いったん自分が払って、「今月はこれだけかかったから半分ちょうだい」って。そういう役割も担ってます。路上ライヴでCDが売れた時のお金の管理も僕がしてました。その分、理幹がセットリストや曲のアレンジを考えてくれるので音楽面では頼ってますね。

吉田:陽吾さんはとにかく社交的ですね。誰とでも仲良くなれる。いつでもまわりを元気にさせて笑わせてくれる。

佐々木:(笑)それがうざい時もあるっていうね。今は別々の部屋があるんですけど、当初は僕がひとり暮らししていた六畳一間でふたりで住んでいたんですよ。ロフトが理幹のスペースだったので、あの頃はうざかっただろうな(笑)。

吉田:(笑)全然。

??対照的だからうまくいくのかもしれないですね。

■目指すは東京ドーム

??ちなみに音楽ルーツもかなり違うんですか?

佐々木:僕はフォークだったり、バラードをメインに聴いてきたんですけど、理幹は洋楽だったりリズムが前に出ている曲が好きですね。歌い分けする時にはお互いの得意な面を活かすようにしています。

吉田:僕はマイケル・ジャクソンやスティーヴィー・ワンダーが好きで。

佐々木:僕は平井堅さん、中島みゆきさん、山崎まさよしさんが好きですね。

??そんなふたりのテイストが自然と混ざり合ってThe Super Ballの曲が生まれるわけですね。ふたりは路上ライヴ、ライヴハウス、SNSを使った活動でどんどん動員を増やしていって、レコード会社の争奪戦が繰り広げられるほどになるわけですが、今、振り返ると何が良かったんだと思いますか?

吉田:そうですね。振り返るとひとりでも多くの人に知ってもらいたかったので、つねにその方法、ツールを探し求めていた気がします。路上ライヴももちろんそうですし、動画を配信したら誰かが見てくれるんじゃないかって。いろいろなことをやってきたんですが、Twitterにアップした動画がどんどん広まっていって。

??カバー曲を毎日、アップしたんですよね。フォロワー数が3万人を超えて。

佐々木:動画は彼のアイディアだったんですよ。ドラマの主題歌とか、今ヒットしている曲とかをカバーして……。一緒に住んでるからいつでも動画が撮れるんですよ。

吉田:いつでも曲が作れるし、すぐ路上ライヴにも行ける。そこは強みですね。動画にしてもつねに一緒にいないと毎日アップするなんて出来ないと思うので。

佐々木:住民の方からたくさん苦情もいただきました(笑)。「夜中は楽器を控えてください」って紙が入ってたり。

??アコギは響きますからね。

吉田:苦情が来てからは公園で曲作りするようになったんですけど、今度はパトロールの人に怒られて(笑)。

佐々木:夏とか蚊にさされながらね。でも、その時に作った「君の目盛り」という曲が今ワンマンでいちばん最後に演奏する大事な曲になっていってーー。振り返るとつねに目標を決めて活動してきたのは良かったですね。初ワンマンの次は倍以上のキャパのライブハウスでやろうってスケジュールを押さえて、そのために路上ライヴや動画をアップしたり。

??目標に向けて達成計画を立てて着実にステップアップしてきたんですね。そんなThe Super Ballのメジャーデビューシングル「トモダチメートル」はテレビアニメ『不機嫌なモノノケ庵』のオープニングテーマでもありますが、もしかしてこの曲も前から存在していたんですか?

吉田:はい。ふたり暮らしを始めて1ヶ月後ぐらいにできた曲です。ライヴでみんなが手拍子で盛り上がるような曲にしたいと思って書いた曲で、もとの曲は「ワッペン」というタイトルなんですよ。ライヴの定番曲になっていった曲で、今回、アニメのタイアップのお話をいただいたので、歌詞を新たに書き換えたんです。

??友達のまま距離を縮められないもどかしさを歌った歌詞ですが、タイアップということで意識したところは?

佐々木:原作を読ませていただいたんですが、主人公が男子高校生ふたりで僕たちにも通じる部分があるなと思ったんです。マンガでは出会った頃は喧嘩ばかりしているふたりがいろいろな妖怪と出会って、さまざまな経験をする内にだんだん距離が縮まっていくっていうーー。そんな関係性にほっこりさせられたので、このふたりの距離感を恋愛に置き換えたらどうなるかな? って書いていきました。「ワッペン」も片想いの曲だったので、もとの歌詞も少し残しつつ。僕自身、学生時代は意中の女のコがいても仲良くなりすぎて友達のままで終わってしまうことが多かったので、自分の経験も入っていますね。

??告白できない自分のことを“僕は弱虫だ”、“僕は嘘つきだ”と歌っていて、片想いのまま終わるんじゃないかと予感させる曲ですが、この切なさはThe Super Ballの特徴でもある?

佐々木:確かに弱い気持ちを書くことは多いかもしれないですね。でも、こういう一歩が踏み出せない曲を聴いて逆に「明日から頑張ってみよう」って思ってほしいですね。恋愛に限らず友達同士でも上司と部下の関係でも、近づきたいのに近づけないことってあると思うんですよ。そういう人たちの手助けになればいいなと思っています。

??アニメのタイアップということで、さらに多くの人に聴かれるチャンスですね。

佐々木:はい。日本人全員に聴いてほしいですね。

??そして冒頭でも話してくれた「ココロのブランケット」は優しさに包みこまれるような普遍的な魅力のあるバラード。この曲にも“人間、そんなに強くないよね”という視点が感じられました。

吉田:これは高校生の時に作った曲なんです。当時、野球部で寮に入っていたんですけど、練習も上下関係も厳しくて、辛いことだらけだったんです。その頃の自分に向けてピアノを弾きながら書いた曲ですね。結果、辛い時の誰かの救いになれたらなって。

??“強がってるけどどうせ一人のとき泣いてるんだろう”という箇所がグッときます。ふたりのハーモニーも美しいし、ライヴでこの曲を聴いて涙する人も多いのでは?

佐々木:そうですね。何曲かバラードはあるんですけれど、ライヴでずっと演奏している特別な曲です。今回、レコーディングするに当たって少し書き直したり、書き足したりしたんですけど、Bメロにはかなり自信があります。目標に向かって努力しているけれど、うまくいくことばかりじゃない。そんな気持ちになった時に聴いてほしいですね。The Super Ball結成のキッカケになった曲でもあるので。

吉田:ふたりで初ライヴをやる前に彼から「ソロでも“ココロのブランケット”歌ってもいい?」って電話がかかってきたことがあるんですよ。そんなに気に入ってくれたんだって嬉しくて。

佐々木:カラオケでも、曲が入ってないのにアカペラで歌ってましたからね(笑)。そんな曲がデビューシングルに入るのは感無量です。

??The Super Ballは恋愛を綴った歌詞への支持も大きいと思いますが、ふたりにとって理想の恋愛は?

佐々木:理想の恋愛ですか。15分ぐらい考えてもいいですか(笑)。僕、映画が好きでサスペンス映画とか見てひとりでワクワクしているので、彼女ができたとしたら、一緒にDVDをずっと見ていたいですね。

??インドアですね。

佐々木:たまに高尾山とか行きたいですけどね(笑)。

??(笑)なんで登山。吉田さんの場合は?

吉田:僕はよく笑う女のコがいいですね。いつもニコニコしているような。あとは好きな人にオムライスを作ってもらえたら最高ですね。ハンバーグ、カレー、グラタンとか。

??スタンダードで攻めてきますね。

吉田:(笑)はい。

佐々木:オムライスにケチャップで“トモダチメートル”って書いてもらうんだよね(笑)。僕はウィスキーが好きなので、つまみとか作ってくれたらいいですね。

??なんかふたりとも母性を求めていますね。

佐々木:そうですね。包み込まれたい(笑)。

??ココロのブランケットにね(笑)。最後にThe Super Ballは8月27日に赤坂BLITZでデビュー後初のワンマンライヴを開催しますが、この躍進をどう受け止めていますか?

佐々木:ライヴが終わった日の夜は家に帰ってふたりで飲むんですけど、そういう時によく夢を語り合うんですよ。「3年以内にメジャーデビュー」とか「全国ワンマンツアー」とか。その中に「赤坂BLITZワンマン」という目標もありました。ステップアップしてきた中、やっと実現できるのでひとりでも多くの人に見ていただきたいなと思ってます。これまでにない最高の1日になると思うので。

吉田:誰もいない路上ライヴから始まって、赤坂BLITZのような大きな会場でライヴができることにまず感謝の気持ちでいっぱいです。同時にワクワクしているし、バンドスタイルで見せる豪華で迫力のあるステージを届けられると思うので、ぜひ遊びに来ていただきたいです。

??積み上げてきた日々を経て、今も目標があると思いますが、最終的な理想というのは?

佐々木:ふたりともホントにライヴが好きなので1日でも長くステージに立ちたいですね。目指すは東京ドーム。ふたりで満員にできたらという野望はあります。

吉田:日本で知らない人はいないぐらいのアーティストになりたいですね。

取材・文◎山本弘子

New Single「トモダチメートル」
2016年7月20日(水)発売
■初回限定盤
TKCA-74377(CD+DVD)¥1,389+税
[CD]
1.トモダチメートル
2.ココロのブランケット
3.トモダチメートル(instrumental)
4.ココロのブランケット(instrumental)
[DVD]
1.トモダチメートル music video
2.トモダチメートル music video ?Yogo solo edit-
3.トモダチメートル music video ?Riki solo edit-

■通常盤
TKCA-74381(CDのみ)¥1,111+税 
1.トモダチメートル
2.ココロのブランケット
3.トモダチメートル(instrumental)
4.ココロのブランケット(instrumental)
5.トモダチメートル(tv-version)

[タイアップ]
アニメ『不機嫌なモノノケ庵』
2016年7月よりTOKYO MX、読売テレビ、中京テレビ、BS11、AT-X他にてスタート
http://mononokean.tv/

■ワンマンライブ情報
<The Super Ball ONE MAN LIVE 2016>
2016年8月27日(土)東京・赤坂BLITZ
OPEN16:00 / START17:00
チケット料金:¥4,000(税込・ドリンク代別途)

最終更新:7月20日(水)11時1分

BARKS